地球温暖化は本当にCO2が原因か?

今日は大忙しです。

 

今、朝から県庁にいますが、仕事を終えたらすぐ浜松に戻り、また夕方からは東京で勉強会です。

今日の勉強会は、環境問題について。

講師にはアラスカ大学名誉教授の赤祖父俊一先生をお招きしているそうです。

大変楽しみです。

 

赤祖父教授は、「二酸化炭素の排出は増え続けているが、気温上昇は01年ごろから止まった。気温変化は自然変動の寄与が大きい」と主張されており、地球温暖化=二酸化炭素という、無思考に受け入れられている「定説」に懐疑論を展開されています

つまり、人為的な温室ガス効果で温暖化が進展しているわけではない、と主張されています。

 

来週は、JCの公開例会で中部大学の武田邦彦教授をお招きしますし、当たり前のように「環境」「温暖化」と叫ばれている時代だけに、しっかりと本質を見極めるためにも、ちゃんと勉強してきたいと思っています。

 

 

少しでも多くの方に読んでいただくために、ワンクリックで応援お願いします。


rankbanner.gif


【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア