大海原へ!

皆さんをお騒がせしている政界の動きも、
ようやく一応の顛末を迎えそうです。
この騒動で結局なにが生み出され、日本の将来に
どんな影響を与えたるは、もう少し事後の経過も
見る必要があるようです。
しかし、この間、特に参議院選以来、
政治が停滞しているというのも事実です。
これは確実に政治に責任がある。
外交や安全保障の問題が解決していないばかりか、
内政も進めていかなくてはいけない課題が山積みです。
これらをこれからどうやって政策決定していくかが、
民主・自民はじめ全議員の責任です。
我々政治家は引き続き国家国民の繁栄と幸福のために
世の中の問題や矛盾を解決していく。
それこそが政治家の使命です。
さて、そんな喧騒の中、私は今青年会議所の事業の
準備をしています。
jc.jpg
我々浜松青年会議所では、毎年少年の船という
事業を行っています。
小学生400人ほどを船に乗せて、2泊3日の旅をし、
さまざまな経験をつんでもらうというものです。
浜松青年会議所の事業の中でも、もっとも中心的な
事業です。
出航は3月ですが、この事業を担当する我々青少年
育成委員会のメンバーは、すでに毎週毎週準備と
ミーティングに追われています。
今日もたった今終わって帰宅したところ。
今年のこの事業の目的は、この経験を通して子供たちに
大きな夢と希望を持ってもらうこと。
多くの子供たちに乗ってもらいたいものです。
政治も子供たちが夢を持ちやすい社会を
作っていかないといけませんね。
そうそう、この少年の船では、大人の方の
乗船も募集します。
チームリーダーとして子供たちの安全を
守ると同時に、子供たちをまとめる役目
です。
興味がおありの方はぜひご連絡ください!
 
rankbanner.gif
【 ↑ ワンクリックお願いします!もうすぐBEST100! 】
 

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア