水際対策

静岡県内で3人目の新型インフルエンザ感染者が明らかになったと、報道がありました。

 

千葉県はじめ、他県でも続々とまではいかなくとも、感染者数は増加しています。

同時にマスク姿の人も見かけなくなりました。

政府発表やマスコミ報道で、マスクは飛散は防止するが感染を防ぐ手だてにはならない、という認識が強調されたおかげだと思いますが、マスク業界は一時の品薄状態をうけて増産、そこから一転して在庫を抱える結果になっているかもしれません。

あれだけ大騒ぎして、どこに行ってもマスクが売り切れという異常な事態は一体なんだったんでしょうか?

 

この新型インフルエンザ、これから我が国がどう対応していくのかハッキリとしておく必要があります。

 

水際対策はもちろん大切ですし、初期段階ではこれが鍵になるのは間違いありません。

しかし、水際対策には今回の感染者の拡大でわかるように、限界があります。

水際対策さえしていれば、日本をウィルスから完全に隔離できるなんて、夢物語にすぎません。

 

それでは今後どうしていくか。

 

幸いにも、ウィルスの毒性は比較的弱いとされていますが、秋以降に拡大、それも毒性を強めての拡大につながらないように、新たな対策と方針が必要になってきます。

 

病院の診察拒否の報道がありましたが、なぜそういうことになっているのか、現場の課題は何なのか、検査キットや人員は足りているのか、そういうことを今のうちに調査し、秋以降に備えるべきではないでしょうか。

 

少しでも多くの方に読んでいただくために、ワンクリックで応援お願いします。

どちらか一方でも、もちろん両方でも!



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
     
rankbanner.gif


【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア