自民党だけではダメだ!とほとんどの国民が思っていることに応えなくてはいけない

少し涼しい日が続いていましたが、連日の街頭演説ですっかり真っ黒になりました。

こんにちは、静岡8区のげんまけんたろうです。


◾️

民進党代表選挙が始まりました。

私は前原誠司代表候補を応援しています。

たくさんの方とお会いし、お話ししていますが、ほとんど全ての方が「自民党だけではダメだ。しかし今の野党じゃダメだ」とおっしゃいます。

つまり、自民党以外の選択肢が日本のために必要だけど、今の野党はその受け皿になっていない、と多くの方が思っているのです。

これをなんとかすることが、日本にとって必要なことであることは間違いありません。自民党の支持者の方も、自民党だけではダメだと仰います。

私が所属していた自誓会(細野グループ)の代表の細野豪志代議士が離党してしまったことは、大きなショックではありましたが、私は比較的楽観的でいます。

「自民党以外の受け皿を作らなくてはいけない」という思いは全く一緒です。

民進党の代表選挙を経て受け皿を作っていくのか、違うアプローチをするのか、という選択の違いはありますが、どういう形になるにしても、必ず再び一緒の道に行き着くのだと思っています。

その受け皿というのは、前原候補もいう通り、民進党という枠組みにこだわる必要もなければ、民進党では絶対ダメ、というわけでもありません。

ただただ、日本の民主政治を守っていくために、もう一つのマトモな選択肢を作っていくこと。

そのための、まさに瀬戸際とも言える代表選挙だと捉えて臨みたいと思います。

それでは、また。

源馬謙太郎
源馬謙太郎(げんまけんたろう)プロフィール
民進党静岡8区総支部長・元静岡県議会議員(2期)。
1972年浜松市生まれ。成蹊大学卒、Centre College卒後、American Univ. 大学院にて国際平和と紛争解決学修士号取得。帰国後、小型武器問題専門家としてカンボジアでプロジェクトを立ち上げ12,000丁の武器を回収。

松下政経塾を経て後静岡県議会議員を2期務めた後衆議院総選挙に立候補。次点で惜敗。比例復活まであと270票でした。引き続き国政目指して政治活動中。



amazon

「ちょうど買いたいものがあるよ」という方は、上下のバナーからAmazonにアクセスしお買い物をしてください。

発生した広告収入は政治活動のために大切に使わせていただきます。



  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア