衆議院議員選挙は希望の党公認で戦います

こんにちは、静岡8区のげんまけんたろうです。



衆議院解散を受け、間もなく衆議院総選挙が始まります。

私はこの度、希望の党公認を受け、立候補を予定しています。

この間、民進党をめぐる状況が刻一刻変化し、多くの皆様にご心配をおかけしてまいりましたが、ようやくご説明できる状況になりました。



今回の解散は、安倍総理による安倍総理のための解散と言われています。ここ最近の政権の姿勢に、驕りや行き過ぎが見え、国民の多くがなんかおかしいぞと感じていた最中の解散総選挙となりました。今回の選挙では、こうしたこれまでの政権運営をどう評価するか、という点も問われることになると思います。



しかし私は、こうした政権の驕りと行き過ぎを招いたのは、実は我々野党なのだと思っています。「野党が頼りない」「自民党は驕っているが野党よりはマシ」こう思わせてしまってきたことが一番の原因です。



だからこそ私は、野党を立て直したいと強く思います。政治にも切磋琢磨と緊張感を生み出し、政治のしがらみを一掃し、多くの国民が感じている「日本に政権担当できる政党が自民党だけしかないのではダメだ」という思いに応えるつもりです。前原代表も同じ思いで今回の希望の党への合流を決断したと聞いています。これを日本にとっての大きなチャンスと捉え、希望の政治を実現するために、全力を尽くそうと考えています。



挑戦者の私にとっては厳しい戦いです。

前回選挙では、わずか270票足らずに議席を確保することができませんでした。悔しくて眠れない日が続きましたが、それでも日本の政治をまともなものにしたい、今よりもっと豊かで元気な国を次の世代に引き渡したいという志は止むことはありませんでした。

前回の選挙が終わった後、最も悔やんだことは、本当に自分自身を最後まで追い込んで活動出来たかということです。

同時に多くの方から「あと一人でも多くの家族・友人に源馬さんのことを知らせたら良かった」「SNSで拡散するのが恥ずかしくて躊躇してしまって後悔している」などの声を頂きました。私自身も、今回は絶対にそんな思いはしたくないと思っています。

そして、皆様にもどうかご協力頂きたいと思っています。必ず結果を出し、皆様に応援してよかったと思われるような政治家になります。



一人でも多くの方に応援の輪を広げてください。最後の最後まで、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今度は私が、やります。

 

 

2017年10月3日

げんまけんたろう

 

源馬謙太郎
源馬謙太郎(げんまけんたろう)プロフィール
希望の党静岡8区総支部長・元静岡県議会議員(2期)。 1972年浜松市生まれ。成蹊大学卒、Centre College卒後、American Univ. 大学院にて国際平和と紛争解決学修士号取得。帰国後、小型武器問題専門家としてカンボジアでプロジェクトを立ち上げ12,000丁の武器を回収。 松下政経塾を経て静岡県議会議員を2期務めた後衆議院総選挙に立候補。次点で惜敗。比例復活まであと270票でした。引き続き国政目指して政治活動中。道州制で地方を豊かに、「現役世代将来世代重視」で子供が増える日本を目指しています。
▼Twitter https://twitter.com/gemmakentaro
▼Facebook https://www.facebook.com/gemma.kentaro/
▼メルマガ(是非登録をお願いします) http://gemma-kentaro.com/net-supporters/

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア