離党するのは責任取ったことにならない

こんにちは、静岡8区のげんまけんたろうです。

不倫問題で波紋を呼んだ自民党の中川俊直前経産大臣政務官。政務官は辞任しましたが、その後はFacebookに謝罪文を掲載したきり、離党も辞職もしない意思だったようですが、先ほど離党の意向と言うニュースが入りました。

自民党:中川氏21日にも離党届提出へ (https://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00e/010/295000c

安倍昭恵夫人もそうでしたが、Facebookでのコメントで済まそうというのもいただけません。
しかし、それにも増してこうした時にいつも思うのが、「離党がなんで責任を取ったことになるのだろう」ということです。

これって結局、「党に迷惑をかけたから党をやめます」であって、悪いと思っているのは党に対してで、国民への責任にも何にもなりません。

こんなこともわかんないのかな、といつも感じます。

これで幕引きになるのか。
国有地の法外な値引きがあっても、度重なる文書の廃棄があっても、驚きの国会答弁があっても、度々の失言があっても、すべてそのままスルーされてしまう現状。
野党がだらしないの一言に尽きます。
なんとかしたい!

それではまた。



amazon

「ちょうど買いたいものがあるよ」という方は、上下のバナーからAmazonにアクセスしお買い物をしてください。

発生した広告収入は政治活動のために大切に使わせていただきます。



源馬謙太郎
源馬謙太郎(げんまけんたろう)プロフィール
民進党静岡8区総支部長・元静岡県議会議員(2期)。

1972年浜松市生まれ。成蹊大学卒、Centre College卒後、American Univ. 大学院にて国際平和と紛争解決学修士号取得。帰国後、小型武器問題専門家としてカンボジアでプロジェクトを立ち上げ12,000丁の武器を回収。
松下政経塾を経て後静岡県議会議員を2期務めた後衆議院総選挙に立候補。次点で惜敗。比例復活まであと270票でした。引き続き国政目指して政治活動中。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア