尖閣諸島には領土問題はない

尖閣諸島沖で中国漁船が我が国の海上保安庁の巡視船に衝突したのが9月7日。

その後、丹羽駐中大使を幾度にわたり、しかも深夜にまで呼び出すなどして、中国側は態度を硬化。

我が国は一貫して「国内法に則って粛々と対応」としていましたが、先日突然船長を処分保留のまま釈放してしまいました。 

 

国内は愕然としました。

私も唖然としています。

 

みなさんも散々問題意識をお持ちだと思いますので、いちいち論点をあげつらいませんが、那覇地検の「政治的判断」の非妥当性もさることながら、我が国の外交姿勢にも関わる由々しき事態です。

 

日本は圧力をかければ屈する国だ

日本に何か要求するのは簡単だ

ここまで来たら謝罪や賠償まで要求してできれば尖閣諸島もいただこう

 

こんな中国側の思惑が、これほど私たち国民にもはっきりしたことはないでしょう。

 

そもそも、尖閣諸島は領土問題でも何でもなく、本当に一方的にいちゃもんをつけてきているというのが現実です。

 

もし私たちの自宅の庭に、いきなり他人が入ってきて、危害を加えてきて、挙句の果てにここはうちの敷地だ、と言ってきたらどうしますか?

あらゆる手段を使ってとにかく追い出さないといけないと思うのは私だけでしょうか。 

 

あらゆる手段を使う準備がある、ということは、交渉の大前提です。 

私はアメリカの大学院で「紛争解決学」を専攻してきましたが、出せるカードを限定してからの交渉なんて、交渉学においてはありえない前提です。

 

私たち地方議員も、政党にかかわらず、地方から声を上げていきます。

街頭で訴え、仲間を募り、国会議員にも意見を申し上げていきます。

みなさんも、身近な国会議員に対応を求めていってください。

 

こんな大切な問題に、口を塞ぎ、目をつぶって何もしない国会議員は、国会議員の資格はありませんね。

 

本当に怒っています! 

 

logo.jpg

少しでも多くの方に読んでいただくために、ワンクリックで応援お願いします。どちらか一方でも、もちろん両方でも!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ                rankbanner.gif

【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア