政治家は旗幟鮮明に

集団的自衛権についての議論が本格化するようです。

これまでこの集団的自衛権の問題については、

日本も権利はあるが行使はできない

というへんてこりんな解釈でお茶を濁して来ました。

しかし我が国を取り巻く国際環境は一変していて、そんなに悠長なことをいっていて本当に日本は大丈夫なの?と真剣に考えていかなくてはいけません。

ましてや、政治家なら言わずもがなです。

先送りにしてきた政治家


こうしたデリケートな問題について、これまで政治家はハッキリ意見を言わず、適当にやり過ごしてきました。
これが日本の問題の先送りですね。

今こそ、しっかりと議論をしてもらいたいし、私たちはどの政治家がどう考えているのかをしっかりと見極めていきたいです。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア