憲法の改正

先日、日本政治経済研究所のセミナーに参加し、これからの日本の人材育成と憲法改正について学ぶ機会がありました。

とくに憲法改正については中西輝政教授、百地章教授の講演を伺うばかりでなく、その後お二人から近しくお話を聞かせていただく機会を得て、本当に勉強になりました。

憲法はいうまでもなく権力を制限するためだけのものではなく、国家の在り方を示す大切なものです。
だから、国によって違って当たり前だし、自分たちの手で定めるべきものです。

ところが、我が日本の現行国憲法は戦後の占領政策の一環で外国の人の手によって作られたものです。
私は、ここに現行憲法の一番の問題があるのだと考えています。
だから変えなくてはいけないのです。

憲法改正というと集団的自衛権など9条にのみ焦点が当てられがちですが、誤解を恐れずに言えば、中身は議論していけばいいのです。
私自身は9条も含めて当然変えていかなくてはいけないと考えていますが、我が国の憲法を我が国でもう一度しっかり考えて改正する中で、もし仮に国民が現行憲法とほとんど同様の内容がいいとするならば、それでも日本人が自分たちで自分たちの国の在り方をしっかり考えるという意味では、今よりはありだと思うのです(私は違う意見ですが)。
現行憲法を一度ゼロにして、自分たちで考えるということを放棄してはいけないのです。

安全保障のみならず、道州制の実現や、緊急事態規定なども憲法を改正しなくては実現できません。
首相公選制や参議院の廃止もです。
時代は変わり、課題がたくさんあるのに、外国人に作ってもらった今の憲法に固執する理由はなにもないのです。


中西先生や百地先生がおっしゃるには、これから色々な手を使って、しかも巧みに改正に反対する意見が出てくるだろうとのことでした。
一例を伺いましたが、なるほど、一見賛成しているように見せかけつつもそういう手の混んだ反対の仕方もあるんだなと、ある意味感心すらしました。
憲法改正が立党の目的であったはずの自民党の中にも、改正に反対する人が出てくることでしょう。


憲法をしっかり日本人の手で議論していきましょう。
日本のことなんですから。
政治家はとくに、この憲法の問題から逃げてはいけません。

Share (facebook)




  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア