改革も後退

自民党が提出を予定していた道州制基本法案から、5年程度で道州制に移行するという文言が削除されました。
また、諮問会議が答申してから2年以内に法整備しなくてはいけない、という縛りも削除されたとのこと。

ソース


報道によると、町村会長会などに依然として反対意見があることを受け、参議院選挙への影響を避けたとのことでしたが、期待していただけに残念であったと同時に、やっぱりかとの落胆もありました。

こういう姿勢では、大きな国の改革や本当に必要だけれども既得権を持った人たちからの反対が予想される政策は、いつまでたっても実現できません。

選挙への影響で政策を変えてしまうなら、本当にやる気なんかないということなんです。

これで道州制の実現はまたさらに遠のきましたが、私は引き続き実現を訴え、できることを続けていきたいとおもいます。

Share (facebook)




  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア