教育委員会制度

大津市でおきた痛ましい事件の経験から、教育委員会のあり方を考え直すべきだとの主張が出ています。
私は基本的に大賛成。

今の制度では、教育という大事な分野で何かが起こっても、誰も責任を取らないどころか、どこに責任があるのかはっきりしていません。

選挙で選ばれた首長が、しっかりと責任を持てる制度にするべきだと思います。

仮に教育委員長に責任の所在を明確化したとしても、現実問題として非常勤の教育委員長が責任を取れるかといえばこれはかなり無理があります。

憲法もそうですが、そろそろ戦後占領制作の中で作られた制度について、時代にそぐわないものは見直していかなくてはならないと思っています。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア