漫画文化を守れ!しかし海賊版サイト撲滅はサイトブロッキング以外の立法措置で。

2018.04.13

slooProImg_20180413191836.jpg

こんにちは、静岡8区の衆議院議員源馬謙太郎(げんまけんたろう)です。


本日もまた、衆議院文部科学委員会で質疑の機会をいただきました。

今日は現在話題になっている漫画の海賊版サイト「漫画村」について文部科学大臣と文化庁に質しました。


ちょうど今朝、こんなニュースがありました。

漫画の海賊版サイト遮断 著作権保護へ民間対応促す 通信の秘密侵害の恐れ 政府、緊急対策決定 (スポニチ)

漫画村とは、最新のコミックや有名漫画、なかには有名小説まで無料で閲覧できてしまうサイトで、これは著作権者の許可を得ていない、いわゆる海賊版サイトです。

漫画家や作家の皆様は、私たちに知的刺激や娯楽を与えてくれる物語を作り、それを私たちは金銭的対価を払って楽しんでいるわけですが、こうした海賊版サイトは無償で閲覧できるようにしてしまうわけですから、これは創作者にとって大き過ぎる損害です。

少し想像力を働かせれば、こうした海賊版サイトがどんなに悪質で、こんなものを許していたら漫画文化、コンテンツ文化がどんどん衰退してしまうことはわかり切ったことなのですが、残念ながら特に若年層は罪悪感をあまり感じていないようで、これも大いに危機感を持ちます。



「漫画村」閲覧に罪悪感がない若者 テレビで堂々と「読みたい」発言 (Livedoor News)


そこで、なかなか取り締まりが難しいこうした海賊版サイトについて、政府がとうとうサイトブロッキングして閉鎖させよう、というニュースだったわけです。

◾️ ◾️

私は、コンテンツ産業を守るため、日本が誇るべき漫画文化を守るため、こうした海賊版サイトは徹底的に撲滅すべきで、現状を放っておくわけにはいかない!今すぐなんとかすべき!という立場です。

その意味で、政府がやる気を出して腰を上げたことは評価します。

しかし、サイトブロッキングとなると、ちょっと待てよ、となるわけです。

今日も委員会で、この緊急対策を所管する内閣府に聞きました。

問 「今回3つのサイトが不適切であると認定してサイトブロッキングすることにした、ということだが、誰が“不適切”と判断したのか」

答 「政府が判断した」

つまり、政府がこれは適切、不適切と判断するということで、これはよく考えたら恐ろしいことです。

政府が今後不適切と判断したものをブロックできるとすると、中国のネット状況と変わらなくなってしまうのではないか、と。

この点が今回の緊急対策の1番の問題なので、「緊急対策としてサイトブロッキングはこの3つに限り、今後は法整備を進めて立法措置で対応すべき」と林文科大臣に訴え、大臣からもそのようにしたい、と答弁をいただきました。

そのほかにも、サイトブロッキングの判断を民間のプロバイダに任せるというやり方もよくありませんし、よく言われる憲法の「通信の秘密」に抵触する可能性もあります。

サイトブロッキングではない立法措置を、我々議員側も知恵を絞り、日本の大事なコンテンツ産業を守りながら表現の自由も犯さない方法を早急に考えていきたいと思います。

今日質問したばかりですが早速取り上げていただきました。

漫画村へのアクセス遮断を政府が推奨 ⇒ 反応さまざま