特定秘密保護法案

今日も国会では特定秘密保護法案についてのギリギリの攻防が繰り広げられています。

 

昨日はみんなの党が修正案を認めさせて与党と合意し賛成に回るとの報道がありました。

 

こうして対案を出し国のために方向性をまとめて行くということが重要です。

与党のやることはなんでも反対するというこれまでの野党の姿から脱却していかなくてはいけませんね。

 

さて、我々維新の会ですが、みんなの党が良しとした「首相によるチェック」では不十分で、「第三者機関によるチェック」を経るべきだ、と主張しています。

また、30年後には原則全て公開するということをはっきりさせたいと。

 

与党がどう出るかですが、国防や安全保障を考えた際には必要なことなので、しいてきなものにならないようルールをしっかり定め、前進させてもらいたいと思います。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア