道州制を実現しよう!

今日は道州制を推進する東海州政治家連盟の理事会、勉強会です。
毎月一回の勉強会を、わざわざ名古屋にきてもらって参加してもらうというのはハードルが高いですが、それでももう1年以上続いています。
継続は力なりといいますが、続けていくことは本当に大変です。
しかし、これだけの人数が継続参加しているというのはそれだけみんな真剣だということ。
どんなに小規模になっても、継続して道州制の実現のために尽力してまいります。
シンガポールやスイスが元気な理由の一つに、国として力を入れる産業を決定して効率的な投資が行われていることがあげられます。
これらの国と我が国はもちろん規模が違うので同じことができるはずがないという批判ももっともです。
だからこそ、それぞれの地域がこれらの国のような機動力を発揮できるようなカタチにしていけばいいと思うのです。
これまで日本は全国一律、企画大量生産を行ってきました。
戦後の復興期はそれでよかったですが、今はそれぞれの地域によって事情が違い、例えば私たちのいる東海地方と中国地方では力を入れるべき産業も違えば、観光資源も違う。
だからそれぞれがそれぞれ決めることが必要なんです。
だから道州制、というより、地域のことは自分たちで決める国のカタチにしていくべきです。
そんななか、今日はみんなの党が国会に提出した「道州制への移行のための改革基本法案」を題材に議論しました。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア