初議会

昨日5月18日(金)、初議会が開催されました。
議長や副議長などを決める臨時議会です。
初議会の記念として、休憩の時間に写真を撮りました。

議長は自民党の佐野康輔議員が選任されました。
私も議長は最大会派から選任されるべきと思うので、佐野議員に投票しました。
結果は有効投票73票中72票で決定。
そして副議長です。
我々平成21は、第2会派として副議長はぜひ我が会派から選出したいと思い岡本護議員を推し投票に臨みました。
が、結果は17票差でこれまた自民党の吉川雄二議員が選出されました。
74議席のうち自民党が40議席を占めている現状ではなんともしがたい現状ではありますが、やはり悔しいですね。
しかもしっかりした民主政治のためには、こういう状況ではダメです。
副議長のポストはしっかりと第2会派である我々が獲得できるようにがんばっていきます。
 


そして臨時会の休憩時間の間に、常任理事会が開催されました。
先日もお伝えしたとおり総務委員会の委員会室に。
さて初めての議会に出て感じたことは、やはりこういうものなのか、ということ。
知事が提出した議案が3つあったのですが、それについて討論もほとんどされず、機械的に淡々と議会が進められる。
知事だって、たいした量の議案じゃないんだからずっと棒読みせずに自分の言葉でもう少し話してほしいと思いました。
後ほど先輩議員からアドバイスをいただきました。
議会よりむしろ委員会でどんどん質問をぶつけていきなさいと。
時間一杯使ってもいいから、これまで勉強してきたこと、県政にとって大切だと思うことをどんどん打ち出していきなさいといっていただきました。
期待を裏切らないよう、活発な議論をしていきます。
夜は会派と部局付の職員の皆さんと懇親会。
若手のやる気のある職員と積極的に交流し、ともに勉強し議論しながら、よい県政を目指していきます。
2次会は同期の新人議員で呑みに行き、熱い思いを交わしました。
やはりこの初志というか初心を忘れずにいたいものです。
毎月持ち回りで案内役となり、県内のさまざまなポイントの視察に行こうという話もまとまりました。
それぞれが静岡県内各地から選出されているので、静岡県の課題を幅広く知るために役立つと思います。

写真は隣の議席となった阿部拓也議員とともに。
議員歴ははるかに先輩ですが、県会では同期なので共に最前列。
最前列で目を光らせ、しっかり議会をチェックしていきます。
rankbanner.gif ←議会に新しい風を吹かせるためにワンクリック!
 

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア