子供も主張する

昨日に引き続き、写真があまりよくありませんね。
昨日行われた「私の主張2007」の様子です。
小中学校の義務教育課程は県の管轄ということもあるし、今の子供たちがどのように自分の主張を訴えるのか聞いて見たいと思っていたので出席してきました。
みんな、すばらしい発表でした。
県内の186校が参加し、最終的には12名の生徒が大観衆を前に「私の主張」を話してくれました。
なんと、1500倍という超難関。
さすがにこれを潜り抜けてきただけあって、みんな堂々としたものでした。
スピーチがうまいとか、話の内容がよくまとまっているとか、主張がすばらしいとか、そういうことは実はどうでもいいことの気がします。
私が一番心に響き、そして聞き入ってしまったわけは、みんなの話が実体験に基づいているからだと思います。
自分自身が体験し感じたことを話すから、聴衆をぐいぐいとひきつけます。
審査の時間の間、アトラクションとして北浜中学校のみんなが和太鼓の演奏をしてくれました。
これもまた勇壮。
同席した先輩県議とも話したのですが、こういう若者を見ると未来に明るい光が見える気がします。
我々大人もがんばらなくては!
rankbanner.gif
【 ↑ これいいと思ったらワンクリック!おかげさまでランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア