安倍新内閣

安倍改造内閣が組閣されました。
みなさん、どういう感想をお持ちですか?
マスコミでは、「またしてもお友達内閣」「リサイクル内閣」「旧態依然」など、いろいろ言われていますが、果たしてどうでしょうか。
「お友達」がダメといわれたから派閥の領袖などをいれた、という安易な考えが見え隠れする気がします。
一方で、外務大臣に政策通といわれる町村氏を据えたり、厚生労働大臣に首相に批判的だった舛添氏を起用したり、そして増田寛也前岩手県知事を総務相に起用したりと、前内閣より制作力を意識したのかな、という面も見えます。
さてさて、我々民主党としてはこの改造内閣が本当に国家経営をしていけるのかお手並み拝見というところです。
もちろん内閣は国の柱を担いますから、民主党としても足を引っ張ったり、失敗してくれることを期待するものではありませんが、国家経営がしっかりできないのであれば選挙で国民の審判を問い、政権を交代していく。
民主党政権がもし実現したとしても、その政権がダメだったら国民が主体的にNOを突きつける。
これが正しい民主主義のあり方です。
しかし、だからこそ大切なのは、政治家が党利党略だけでなく、本当に国家のため国民のために仕事をすることです。
人気ブログランキングに参加しています。
少しでも多くの皆様に、県議が何を考え、日々どういう活動を行っているかをお知らせしていきたいと考えています。
ぜひワンクリックをお願いします!
おかげさまで現在ランキング上昇中です!

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア