2011年08月31日のつぶやき

10:29
昨日は県連政調会の会議を開催。
今年の政調会活動の方針と、年度末にシンポジウムを行うこと、県内の政策課題を取り上げて各議員に周知する仕組みなどを議論しました。
10:32
政調会会議の後は森町へ重点要望項目のヒアリング。やはり市町は県に、県は国に頼る傾向が強い。現行のシステムではこれが当然、いやむしろこうして地域を縛り付けることが中央集権の目的であり、それは成功していたということですね。
22:20
東海州政治家連盟の役員会が終了。何時もながらの熱い議論ができました。
22:22
これだけの超党派の有志が、真剣に国家のことを語っているというのは珍しいこと。
きっと幕末の日本はそうだったんでしょう。
一部は、それ倒幕だ、佐幕だ、うちの藩が主導権を握るのだ、などにとらわれていましたが、心ある維新の立役者は誰一人として自分の藩のこと優先にしていなかったはず。
http://t2b.utilz.jp/

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア