浪人研修

昨日今日と、日本維新の会再任支部長の研修会が行われました。
いわゆる、落選中の浪人支部長の研修会です。
普段はなかなか生の声を聞けない、維新の修正予算案の中身や、維新が提出したもののあまりマスコミには取り上げられない議員立法について、国会議員団からの説明を受けました。
私は維新の一番の存在意義は、理念と政策で国のために仕事をしようといている点だと個人的に考えています。党のため、与党の足を引っ張るためじゃないんですね。
この姿が野党らしくない、野党不在だ、というマスコミの論調の前提には、野党は与党の足を引っ張り法案を潰して審議を拒否してなんぼだという変なこれまでの常識があるように思います。
私は以前から、こうした野党の姿に異を唱えてきましたし、今維新の会が絶対こうはならないようにしよう、としている姿に心から誇りを持っています。
国民はもう、国会の場でスキャンダルや揚げ足取り、クイズをすることは求めていないはずです。
国家のため、次世代のために、胸を張って堂々と正論を吐き続ける政党が増えて欲しいと思います。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア