中国における暴動

おはようございます。
今朝は怒りで目が覚めてしまいました。
中国の反日デモ暴動がひどすぎる。

邦人や日本企業をしっかり守れるように、政府は中国に対して厳重に抗議し、さらには昨日尖閣周辺に向けて出港したと言われる中国漁船団をどのように食い止めるべきか対応を練ってもらいたい。

そもそも、世界有数の海岸線を持つわが国にとって、海防は国の守りの要です。
今の海上保安庁の能力は高いけれども装備も含めた体制では十分と思えないし、なによりも不法に領海を侵犯するものにたいして、出入国法や漁業法で対応するなんて、国際的には考えられません。

領海侵犯をきちんと罪にし、対応できる法整備が求められます。

それにしても中国のデモ(というよりは暴動)に参加している若者の笑顔。
私がカンボジアで目撃した、タイ大使館への暴動の時のカンボジアの若者と同じでした。

もはや反日、尖閣イシューではなく、鬱屈した気持ちの発露なんでしょう。

そうであっても、わが国は毅然として、あらゆる外交手段を用いて邦人や日本企業を守る責任があります。
明日はもっと事態が悪化することも懸念されています。


せっかくの敬老の日に、こんなことで目覚めました。
日本を何とかしないと、と強烈に思うのです。





— Gemma Kentaro from iPad

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア