先の大戦が終わって64年

日付が変わってしまいましたが、今日は64回目の終戦の日でした。

全国各地で戦没者慰霊祭が厳かに行われ、私も浜松市の戦没者慰霊祭に参加してきました。

毎年毎年、慰霊祭に参加する市民の方の数も少なくなってきます。

 

この国を支えてきてくださった方たち、この国のために命を落とした英霊の御霊に感謝し、国の発展と世界の平和を誓う大切な日です。

例年は靖国神社にも参拝していますが、今日は選挙が間近で行くことができませんでした。

選挙が終わったら必ず参拝してこようと思っています。

我が民主党は、新しい追悼施設を検討するようです。

党内でどう議論がまとまっていくのかわかりませんが、私は個人的にこうした動きには反対です。

独立した国家が、他国の顔色を見て、英霊に祈りを捧げられないなんてどう考えてもおかしいです。

 

私は紛争地帯で紛争を解決し、紛争を予防する仕事をしてきました。

その経験から、ある意味独特な平和観を持っているかもしれません。

だから、過去を否定したり、非現実的な世界観には違和感を感じます。

過去に思いをいたし、現在を生き、未来に希望を作っていくことが政治の重要な役割です。

 

本当の意味での平和が世界を覆うように。

すべての御霊に、心から哀悼の意を捧げたいと思います。

 

少しでも多くの方に読んでいただくために、ワンクリックで応援お願いします。

どちらか一方でも、もちろん両方でも!



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
      
rankbanner.gif


【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア