政治のハナシ

先日、久しぶりにJCの同期と呑む機会がありました。
気の置けない仲間と呑むのはやっぱりいいものです。
そんななか、ふと気がついたのですが、最近JC仲間とも
そして学生時代の同級生とも政治の話をすることが多く
なってきたなぁ、と。
もちろん私がこういう仕事についているからということも
ありますが、我々が以前より政治に目を向けるように
なったことも事実だと思います。
モンスターペアレントも、ニートも、我々世代がど真ん中
ですし、団塊Jrといわれる我々は、これから社会の
中心を担って幾世代で、つまり今後の日本の形に直接
大きな影響を与える責任世代ですから。
 
しかも、はっとするような鋭い意見も多々あります。
実は友人からいろいろなヒントを得たりすることも
少なくありません。
もちろんみんな働き盛りで第一線で働いているし、
家庭も持っているのが多い。
つまり、まさに生活当事者の視点なんですよね。
さらに友人である私には歯に衣着せずにガンガン
本音でぶつかってきます。
その視点が参考にならないわけがありません。
 
 

 
写真は先日、浜松駅前でミャンマーと中国への
災害募金活動を行ったときのもの。
3区総支部長の小山のぶひろさん、7区の斉木たけしさん、
8区の斉藤進さん、岡本護県議らとともに行いました。
おかげさまで2万円を超える募金を頂きましたので、
総支部が責任を持って国際赤十字にお届けいたします。
ありがとうございました。
 
人気ブログランキングに参加しています。
rankbanner.gif

ぜひワンクリックを!
【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

 

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア