県議の仕事

070521_152105.jpg

今日は新人議員に対する県政説明会。
ご覧の通り分厚い資料がどっさり配られ、朝から各部局ごとに説明がありました。
重ねたら20センチ以上にもなりました。

これがまた明日も続きます。
県議は何をしているんだ、という話もよく出ますが、本来県の仕事はこれだけ幅広いものがあります。
資料をめくりつつ、勉強の必要性を改めて感じました。
しかし、当局の説明の一部には、すこしがっかりでした。
配布された資料を読んでくれるだけだったら、むしろハッキリ「自分で読んでおいてください。わからないところは質問してください」、くらいでいい。
しかもものすごい分量なのでものすごいスピードで、ついていくので精一杯です。
しかしなかには自分の言葉でわかりやすく説明をしてくれた職員の方もいて、ついついその説明に引き込まれてしまいました。
本当に説明能力も高いし、大切なところを的確に指摘していく。
やはり、自分の言葉で話すというのは大事なことですね。
あとでほかの新人議員と話してみると、みんな同じような感想を持っていたようです。
それにしても私が委員会に入った総務関連は非常に幅広いけれど、行政改革や、財政、防災など、勉強しがいのあることばかりで楽しみです。
いずれにしても明日も引続き県政説明会。
この山積み資料と格闘する日々が続きそうです・・・

rankbanner.gif ←分厚い資料と格闘する県議を応援してください!

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア