終戦の日に。

今日は8月15日。
終戦の日です。

アクトで行われた浜松市戦没者追悼式展に続いて記念講演会に参加しました。

作家で、福島原発吉田所長の奮闘の日々を描いた「死の淵をみた男」を執筆された門田隆将氏による、大正世代の示した誇りある日本人がテーマ。

始めてお話を伺いましたが、非常に引き込まれるお話でした、

先の戦争で戦った先人の大部分が大正生まれの日本人で、彼らがいかに戦地で戦い、行動し、考えたかを聞いているだけで、今あることに感謝し胸が熱くなります。

門田氏のお話の迫力は、圧倒的な取材の賜物だということがひしひしと伝わってかます。


大切に構成に伝えていかなくてはいけないことは、たくさんありますね。

Share (facebook)




  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア