雑誌「選択」

定期購読している雑誌がいくつかあります。

その中の一つに、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、「選択」という雑誌があります。

書店では販売せず、購読専門の雑誌ですが、国際関係から国内政治、地方の課題など、多様な話題を非常にバランスのとれた視点で扱う雑誌で、私のお気に入りの一つです。

 

今日、県庁に向かう新幹線の中で、「選択」9月号を読んでいると、ふと気にかかる記事がありました。

 

「世界遺産」に踊らされる日本〜格付け信仰から脱却すべし

という記事です。

富士山世界遺産登録に向けて取り組んでいる静岡県として気になるし、私も「世界遺産」という格付けにあまり拘泥するのはよくないと思っているので、どれどれと読んでいきました。

 

私は以前このブログでもお伝えしましたが、イコモスという実質世界文化遺産登録を左右する諮問機関のメンバーを、県の税金を使って専門家として招聘し(謝礼20万月)アドバイスを求める、というのはおかしいのではないかと主張してきました。

先日の6月議会でも、委員会で発言しました。

それと同じ主張だったので、そうだそうだ、と思いながら読んでいくと、後半、富士山のことになりました。

そして、

”静岡県のある県議は「富士山を世界遺産にするのは賛成」としながらも、「審査員を謝礼付きで呼んでアドバイスをもらうというのはしっくりいかない。しかも他の地域も同じことをやっているとのこと。これではイコモス自体のあり方の問題にもなるのではないか」と疑問を呈する。”

とあるじゃないですか!

これ、私のブログを参考にされたんだと思います。

 

少しうれしかったですが、なんだかあたかも取材したかのような書き方でしたから、できれば取材していただきたかったなぁ。

しかもちゃんと名前も出していただきたかったです。






logo.jpg




少しでも多くの方に読んでいただくために、ワンクリックで応援お願いします。

どちらか一方でも、もちろん両方でも!





にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
                
rankbanner.gif




【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア