「前向きに検討」は実現の可能性5割

本日は産業委員会の審議2日目でした。

私は副委員長のため、質問の順番も一番最後。

ということで本日ようやく質問できました。

 

今回は浜名湖花博の10周年事業の展望についてと、電気工事士免許の民間委託についてを主に質問したわけですが、どちらもコツコツと詰めてきた内容なので「前向きに検討してまいりたい」という答弁でした。

 

この「前向きに検討」という答弁ですが、議会事務局に調べていただいたところ静岡県議会で「前向きに検討する」といった場合、実現した確率は48.1%。

半分ほど実現しているということですね。

この調査は、三重県議会議員の方の調査を参考にさせていただいたのですが、三重県に比べると大分実現率は高いように思います。

ちなみにクセモノなのが「検討してまいりたい」という答弁。実現率は30.4%。

「今後研究してまいります」は10%と、ほぼ実現しないということですね。

 


 

今日は途中、委員長が中座されたので私が委員長職務を代行しました。

ほんの10分程度でしたが。

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア