空港問題 まだまだ続きます

今日も昨日に引き続き県庁です。

10:30から議員総会という、会派の会議が行われましたが、ずいぶんマスコミが多かったです。

知事選がらみで少しでも情報を、ということだと思いますが、今日はむしろ連合静岡さんを交えての政策勉強会がメインでした。

 



 

昨日、県と立ち木の地権者との話し合いが行われたのは新聞報道のとおりです。

5月中にも立ち木を除去する方向とのことでした。

 

地権者は、6月4日の暫定開港については石川知事がテープカットしてもいい、といっているそうですが、みなさんどう思いますか?

実は議員の中にも、「せっかくここまでやったんだから、6月4日の開港は石川知事にやらせてあげれば」という意見があります。

でも、私はそうは思いません。

テープカットするとか、花道飾るとかは、結局知事個人の名誉や栄誉のためであって、県民には何の関係もないことですね。

それに、石川知事も事ここにいたったら、テープカット云々に逡巡するような器量の小さな人ではないと思います。

辞めるといってるのにセレモニーは自分で、なんて、まさにレームダックもいいところです。

 

県は昨日、空港部長ら12人を処分することも発表しました。

県はこれでひとつの区切りをつけた、としていますが、私ももう前を向いていくしかないと思っています。

いつまでも責任を追及し、謝罪を強要したりするのはあまり生産的ではありません。

 

 少しでも多くの方に読んでいただくために、ワンクリックで応援お願いします。


rankbanner.gif


【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

 

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア