伊藤元重先生

今日は松下政経塾東京事務所にて、日米研究プロジェクトの勉強会がありました。



私も若輩ながら先輩たちに交じって参加させていただきました。



今日の講師は経済学者の伊藤元重先生。



同郷ということもあり、また先生のマクロ経済学の理論に私は大変共感するので、

楽しみにしていました。



特にグローバリゼーションとイノベーションの観点から、今日の日本経済の課題を

非常に多角的に分析してくださいました。



なかでも、日本の個人資産の活用についての提案と、住宅・医療・教育の3分野の

改革についてのお話は目から鱗でした。



携帯からなので詳しくお知らせできないので、また改めてアップしますが、

要は日本は好むと好まざるとグローバル化の流れを受け止め、謙虚に経済を活性

化させ、税のあり方も長期のスパンで見直していく必要があるのです。





さて、懇親会を一足先に失礼し帰りの新幹線でこれを書いていましたが、たった今

妻から陣痛が始まったとの連絡が。



浜松に着いたら病院に直行します。





長女の誕生には、政経塾の入塾試験で立ち会えなかったので、今回が初めての立ち

会いになります。



血圧が高く、予定日より2週間も早い出産なので少し心配ですが、母子ともに健康

であるように願いつつ。



人気ブログランキングに参加しています。

 一日一回  ワンクリック お願いします!

【 おかげさまで現在ランキング上昇中です! 】

  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア