市町村要望調査 ( 村はないけれど )

我が静岡県には41の市と町があります。



毎年各市町は県に補助金や予算化の「お願い」をしますが、我々の会派は

それとは別に、現場のニーズを知るために各市町に出向き、聞き取り調査を
しています。



さすがに全41市町を回るのは不可能なので、東中西部にわかれて

分担で行います。



我が西部は7市町。

それでも2日がかりです。

政調副会長の私が担当なので、日程調整から当日の仕切りまで、なかなか

大変でしたがいい勉強になりました。



昨日はその第1回目。

湖西市、新居町、磐田市にお邪魔しました。

新居と湖西は合併を控えてるわけですが、両市町に温度差が見え、改めて

合併のあり方を考える。





今、市町村合併の時代です。


静岡県は西部の浜松と中部の静岡という二つの政令市があり、さらに合併を

促しています。





確かにこれまでの市町村の枠はこれからの時代には小さすぎ、効率的な

行政の妨げになるため、小さな自治体の合併は進めていくべきですが、

あまり大きくしすぎる、例えば静岡県に三つの大政令市をつくる、なんて

ことには反対です。



これからの道州制を睨んだとき、道州下の基礎自治体が80万とか100万都市

では大きすぎるからです。



こういうところまで長期的な視点を持たなくてはダメですね。


  • LINEで送る
  • Pocketに保存
  • はてなブックマーク
  • Google+でシェア