戦後60年 終戦の日

2005.08.15

a5c2d1b8.jpg今日は8月15日終戦の日。
しかも戦後60年という節目の年であるこの日に、はじめて靖国神社に行ってきた。


靖国参拝について外交問題と絡めてあーだこーだいう人もいるけど、そもそもそんなことをあーだこーだすること自体おかしいと考えている。
先の大戦で犠牲になった人たちだけでなく、靖国に祀られている人たちは(だけではないが)日本を作るために命を賭した人たちであり、俺はその人たちに感謝と哀悼の気持ちを持っている。
そしてそれらの人の犠牲の上に立つ今の日本が享受している平和の意味と意義を噛みしめる。
これが参拝する理由であり、それは誰かにとやかく言われることではない。
公人だろうが個人だろうが、基本は同じである。
しかし、こういう問題で近隣諸国とただ感情的にやりあうことを得策とは思わない。
ここで細かく書くのは避けるが、要はこの気持ちを持ちながらどのように将来に目を向けるかである。
この靖国神社のことを外交問題として取り扱い、そのテーブルに載せることに無理があり、無駄があると思えてならない。