憲法は改正を

2011.05.04

昨日は憲法記念日でした。
本来であれば、憲法について考えるいい機会となるはずの日ですが、GWということもあって、毎年そんな風潮はほとんどありませんね。
残念なことです。
こうした記念日には、その元となったことに思いを致す機会にしたいですね。
さて、日本国憲法。
私は改正すべきだと確信しています。
その理由は、簡潔にいえば、自らの国の基本的な姿を現す憲法は、自ら議論し自らの手で決めなくてはいけないと考えるからです。
まず、時代は変化しています。
一度制定したら変えてはいけないなんて、国際社会では常識的ではありません。
今の国際社会において、今の日本国憲法では、国家と国民の安全を守ることはできないという決定的な欠陥があります。
だいたい、私たちの安全を、諸国民の公正と信義にお任せするなんて、そんなおめでたい国はどこにもありません。
また、憲法改正の議論は当然前文や9条だけではありません。
そもそも、自分たちのことなんだから内容以前に自分たちで決めなくてはいけないはずです。
当時の事情を考えれば、現行憲法を受け入れることになったのは、残念ですが仕方が無かったとしても、それを後生大切に変えてはいけないなんてことはありません。
GHQだってそんなことは期待していなかったはずです。
外国人に作っていただいた今の憲法を大切にして時代の変化やそもそも日本らしさというものは憲法に合わせて変えることが本義なのか。
それとも、我が国のことは自分たち日本国民でもう一度考えて決めていくことが大切なのか。
答えは自明と思いますが、いかがでしょうか。
その結果、今の憲法とまったく同じになったって(私は反対ですが)、まず自分たちでで議論するという事が重要です。
ここらへんは、憲法改正が党是であるはずの自民党も腰が引けています。与党も野党ももっとしっかりしてもらわないと。
——-
源馬謙太郎 GEMMA Kentaro
——-